« 飛行機からのチェックイン2 | トップページ | 御殿場線~箱根登山~富士急行 »

2017年4月19日 (水)

札沼、名寄、宗谷線

まず、普通に鉄道のみを利用した経路を考えてみます。

Sassho

南の端は札幌になり、地下鉄や市電など多数列車が走っているのでここでは考えないことにします。

宗谷本線

北の端は稚内ですが、徳満まで行けばレーダーで取得することができます。しかし、そもそも徳満で降りても稚内で降りても戻りの列車は同じですし、特急は止まりません。

名寄本線

西に向かい留萌・増毛に行く際は、留萌からレーダーで増毛まで取得することができます。廃線になっても難易度は殆ど変わりません。なお、なつめスキルを利用して大和田から増毛までレーダーが届きます。しかし、通常では留萌行き4933Dから深川行きの最終列車4936Dに滑り込める位しか使いみちはありません。

函館本線・札沼線

函館本線に並行して走る札沼線をどのように処理するかがポイントになるでしょう。新十津川からレーダーで取得していきますが、知来乙月ヶ岡中小屋の三駅が取りにくいものになっています。
知来乙は、岩見沢南方の、函館本線から室蘭本線が分かれていくあたりから上幌向駅の間で、なつめなしでもレーダー取得することができます。
月ヶ岡は、函館本線から取れません。なつめスキルを使えば石狩当別駅から、使わなくても北海道医療大学駅からレーダー取得することができます。なお、知来乙を取れなかった場合、駅から数十m歩くことでレーダー取得可能です。奇跡的に、札沼線電化区間で事足りてしまいます。
中小屋は、なつめスキルを使えば上幌向駅から(ただし有効範囲は狭い)とれますが、そもそも月ヶ岡を取るために札沼線に乗るならば、同じく取得可能です。
次に、バスの利用も絡めて考えてみます。

るもい号

まず、留萌本線の代わりにバスで移動することが可能です。北海道中央バスの、高速るもい号を使えば、札幌あるいは、深川、滝川から留萌に行くことができます。ちょうどよい列車がない時、または富良野から滝川経由でそのまま行けるなど、使い方によっては候補に上がります。ただ、留萌駅から少しだけ離れた場所に停車することに注意が必要です。

わっかない・はまなす号

宗谷本線の代わりにバスを使用することもできます。北都交通はまなす号宗谷バスわっかない号(共同運行)です。稚内までバスで移動するにはかなりの時間を要しますが、留萌を通って行くので、行きか帰りの行程を選択することで、行程を短縮することができます。具体的には、札幌を出た後、道央自動車道を通り、深川JCTを経て留萌に至り、国道232号、40号を通って稚内に至ります。

わっかない・はまなす号(夜行便)

この稚内方面のバスでは、夜行便もあり、昼行便とは異なる経路を取ります。すなわち、早着を避けるために、札幌を出た後、国道275号を通るため、札沼線沿いに進みます。すなわち、石狩当別まで行く手間が省けます。


いずれの場合も、室蘭本線や、根室本線の閑散区間をどう潰すかとも兼ね合いになるので、よく検討することが必要でしょう。

« 飛行機からのチェックイン2 | トップページ | 御殿場線~箱根登山~富士急行 »

北海道」カテゴリの記事

コメント

これ、名寄本線じゃなくて留萠本線だよね……
で、名寄本線が入ってるなら急に難易度爆上げだなぁ……

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札沼、名寄、宗谷線:

« 飛行機からのチェックイン2 | トップページ | 御殿場線~箱根登山~富士急行 »

無料ブログはココログ