« おすすめWebページ | トップページ | Oudia(とそのWebツール) »

2016年1月25日 (月)

指宿枕崎線

このページの記述は2020年1月のダイヤ・ゲーム仕様に基づいています。

この路線は、指宿までは指宿のたまて箱などの特急や、快速なのはな、各駅停車も結構な数が通っていますが、枕崎までとなると本数は激減します。なぜなら、需要のほとんどは鹿児島市街に向かうものなので、開聞岳の南側をぐるっと廻る指宿枕崎線は距離的に極めて不利になるからです。一方、鉄道沿いに走るバス路線等はコミュニティバス等が細切れにある程度なので、片道は鉄道沿いに走り、復(往)路はバスに乗ることとします。
一応並行するバス路線はあるにはありますが、乗り換えを含むので速達ルートではないと考え省略しました。
また、薩摩大川水成川まで乗れば枕崎までの各駅はレーダー(ブースター含む)取得が可能ですが、西頴娃から先は棒線区間なので、乗った列車が戻って来ることになり、ほとんど意味がありません。

なお、列車は6往復あり、片道3時間近くかかります。

さて、枕崎から帰る(に向かう)のに適したルートですが、何種類かあります。

 

Makurazaki

 

 

 

鹿児島空港へ向かう
距離的には無駄が多いかもしれませんが、宮之城線を乗り潰すためバスに乗らなければならないのであれば、鹿児島空港へ向かうのが無駄が無いと思います。また、バスは肥薩線、吉都線の代替としての利用価値はありますが、別途説明します。このバスは1日8往復あり、鹿児島空港まで1時間45分かかります。ほとんど遅れることはないでしょう。案内は、{枕崎 空港}で検索してください。公式サイトが落ちてました。また、いわさきグループですし・・・

 

鹿児島市街へ向かう
このルートは鹿児島空港までは行く必要が無いけれども、行路を短縮したい方向けです。1時間40分かかる特急バスが4往復、2時間かかる一般バスが一日8往復、1時間15分かかるスーパー特急が2往復と、かなりの数が走っています。指宿枕崎線の末端部は棒線区間だと言いましたが、従って駅に到着しても大抵すぐに折り返し発車します。そうすると食事をする時間もありません(枕崎に14時半着、16時発車の便のみ除く)。バスと組み合わせればそうした時間も用意できます。
バスの遅れは、山越えの区間はそれほど心配することはないのですが(ただ、バスが軽トラの後ろをのろのろついていくことはあります、遅れるほどではないですが)、鹿児島に近づくと渋滞に巻き込まれる恐れがあります。それならば、谷山で路面電車に乗り換えるのがおすすめです。市街電車の1系統(騎射場経由)を乗り潰すのを一緒にするわけです。なお、スーパー特急は谷山には止まりません。

 

伊集院へ向かう
メリットが思いつかないのですが、伊集院に向かうバスも有ります。一日6.5往復あり、1時間50分かかります。鹿児島本線で川内方面に向かうなら、少し時間を節約できるくらいでしょうか。

 

以上枕崎のショートカットルートを紹介しましたが、このルートは使い方によっては2時間位の節約効果があり、おすすめのルートです。

バスで往復する場合
バスのみを使った場合、指宿周辺の駅が取れません。バスに乗っていると瀬ヶ串から松ヶ浦の領域に入りますが、その間の中名~頴娃大川間は21駅ありますのでルートビューンによる攻略はできないように思えます。しかし1駅でもリンクを維持していれば、20駅以下という条件を満たすので、ルートビューンを使用できてしまうのです。(ルートビューンのページを参照してください)。かなりテクニカルな方法になりますし、実際にテストしていないですが、成功すれば時間短縮になります。枕崎まで行く必要もないので、途中の川辺で降りればバスの待ち時間も含め3時間で終わらせることができます。

« おすすめWebページ | トップページ | Oudia(とそのWebツール) »

南九州」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

無料ブログはココログ